2006年11月29日

ちらりずむ

すごく悩んだ結果
一度ふくとなつをガチンコで対面させてみようと

もしかしたらふくはなつの事を姿は見えぬが何かしら感じられるからこそ
こんなにも気になるんやもしれんと

言えばふくにとってなつは
スリットから「ちらちら」覗くおみ足のようなもんなのではなかろうかと

ちらリズムに対抗するには
すべてを見せ、飽きるまで堪能させるしかないのではと
素人なりに思うたわけです

それでふくの気が済んだらしめたもの
一時的にわやくちゃになろうとも良いではないか

それに実はなつが女史ではないかという疑惑も晴れたのだ

昨日仰向け抱っこしたところ
確認
はい
確認(でもなぜか片方のみ。こんなこともあるのだろうか?)

男子に間違いないと思われ

さて
お二人さん
好きなだけ逢瀬を楽しまれよ

●何はさておきまずはめし
061021_1129~01.JPG

ニックネーム みなみ at 09:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ふくとなつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

留守番、そしてそのあと

家に帰るとケージお奥からジーっと覗くふく
案外ふくはあたしが仕事で家を空けている間は
心静かにすごしていたりして・・・
そうであればよいんだけど


丸一日家を空けることになった為
お留守番をうさぎたちにお願い
これを機会にふくの何か変わるやも

期待(他人任せ)

というこで
つーうさで初めてのお留守番に挑戦してもらうことに。
ペレットも野菜も置いても置いても足りないような気がする

枕元に「ひもじぃーと」泣くうさぎが出てそうで
ついつい大量のペレットとチモシーを投入してしまった。


丸一日空けて帰って
ふくのケージからチェック

下に敷いているフリースもほぼそのままで
トイレも粗相なしで完璧
おりこうさん

思わず抱っこして
おりこうさん攻撃
いやがらないところもおりこうさん

でも野菜が1回分ほぼ残っている(ペレットは間食)
ペレットをあげるとぼりぼり食べだしたので
一安心

さてなつです
なつのケージはなんなんでしょう・・・・

どんな祭りが行われたのか
フリースがよじれくしゃくしゃとなり
チモシーが散乱しております

しかしペレットも野菜も下に落ちておらず
これは見事に完食した模様
お、おりこうさん・・・・・・

ペレットも野菜もいつものほぼ倍くらいの量を
投入したんだけどきれいに食べてる
さすがというかなんというか・・・

散乱するケージの中で
頭をぺたっとつけてじっとしているので
なでてみる
じーっとしている
最近のやんちゃぶりからは考えられない静かななつさん

しかしペレットをあげてみると
前足、後ろ足を器用にバタつかせながら
ペレットに襲いかかってきた!

おとなしかったのは
ひもじかったせいらしい・・・

しかし日に日に暴れん坊になっていくなつさん
将軍様と呼ぶであろう日も近い気がする


●むぅ・・・・。
061021_1129~01.JPG
ニックネーム みなみ at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ふくとなつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

ふくの未来なつの将来

なつのコーナリングに磨きが掛かってきた

しかしこのままコーナリングの技術を磨いて
いったいどうしようというのか
族にでも入られないようくれぐれも気をつけておこう

暴走族入隊阻止をもくろむあたしとしましては
コーナー部分で滑らないようラグを購入してみたり

今までは布を引いていたのだけれど
それではまだ滑ってだめみたい
(外ならどこでも「じょーじょー」する為、滑り止めの上に防水した布
を敷いてました)

あまりすべらせて足を痛めたらいけない
と思っての布より重量感のあるラグを購入
だのにー

なつの最近のお気に入りの遊び・・・・
ラグから勢いつけて走って
ジャンプしてフリーリングに着地

そのまま勢いに任せてフローリングの上を
「しゃーっ」と滑っていくというもの

なつや、フローリングはスケートリンクじゃぁないよ
そりゃ、将来 暴走族よりイナバウアーの方がうれしいけど

でも思うに
こんななつの天真爛漫さも思春期がきたら
また変わってくるのやもしれんなぁ

ふくがあたしの所にやってきたのは
三ヶ月目
ちょうど今のなつくらい

なつほどではないにしろ
思えばまだまだ天真爛漫さもある子うさぎだったのだ

そうだ
そうだ
「今7ヶ月目のふくと赤ちゃんのなつの性格を比べたって」
なんにもならんのだ

だけどふくの赤ちゃんの頃っつったって
ほんの数ヶ月前のことなのに
いろんな事忘れてしまっているのなぁ
(歳ですか?ショック)

近い未来、複雑ハートでギザギザハートのふくの心は平静を取り戻し
クールなナイスガイになれるのか
これからだ

●少し落ち着いた?

061022_1052~01.JPG

ニックネーム みなみ at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ふくとなつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

夜の走り屋

ここしばらく
ふくにかまいっぱなしで
ほったらかしになっていたなつさん
ごきげんいかがでしょうか?

寝てます
食べてます
順調に大っきくなってます(顔が)

サークルに放すとなつは
放されている時間いっぱい休むことなく
動き回っている
サークル一杯走り回る

もちろんコーナーはハングオン体勢でスピード重視
たまにスピードに足の運びが追いつかず
そのまま「シャー」っとコーナーに流れていってしまったりしている
バイクが倒れるてすべっていく感じでコーナーアウト・・・

まってましたとばかりにケージに激突寸前で
なつの体をブロックするみなみ
おかげさまで不思議な筋肉痛に苛まれている今日この頃

この間ケージの中でなつが
2本足で立ったまま後ろ向きに「トコトコトコ」と下がってから
「どし」とこけている場面に遭遇

なんでそうなるのかなぁと思いつつ
チモシーを食むなつをじーっと観察してみる

そこにはチモシー入れに伸びをして前足を掛け
好みのチモシーを寄りながら食べるいつもの光景が
しかし咥えたチモシーが長かったのか
勢いをつけて引き抜くなつ

その瞬間・・・

頭が振り子状態になり
バランスを崩し
両手がチモシー入れから離れ
二本足のまま後ろに「とととととととと」と・・・・

なつ・・・・・お前・・・

●ポールポジションは譲れません

061017_2351~01.JPG


ニックネーム みなみ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | なつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

駆け引き

なつとふくを出来るだけ隔離作戦

つっても
お互いがお互いを見えないように常にカバーしているだけなのだけど
これで少しふくの行動が落ち着いたらなぁ。。。。
なんて甘い考えをしていたら

本当に甘かった・・・

ふくはあいかわらず、なつを求めて
ひたすらうーろうーろ・・・・・。
いてもたってもいられんらいし。
しょーがないなぁ

こんなにあたしがべったりと遊んでやってるというに
あたしには見向きもしない(ある意味ふくらしいが)

あんまりあたしがべったりなのがいやなのかもと思い
サークルの外に出てみる

「押してだめなら引いてみろ」

思ったとおり
あたしがサークルをでると
一気にふくの注意は「がっと」あたしに!

悪いねふくさん
30うん年一応生きてきたあたしからすれば
君なんて赤子の手をひねるようなもんさ
ふふーん

でも取り上げられたおもちゃをほしがるような
その視線、気になるんだなぁ・・・。

●みなみはおもちゃ?

061116_0829~01.JPG



ニックネーム みなみ at 10:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

荒くれふく

ふくの行動が日に日に荒れぎみに

まだ安心できるのは
ごはんをいつも通りたらふく食べてくれること
ストレスがまだ食欲までに及んでいないのが救い

サークルの中でもケージの中でも落ち着きなく
暴れ回っている姿は「元気だねぇ」を通り越して痛々しく

我を忘れて水入れになんども手を突っ込んで
濡れてしまってる

きれい好きのはずが毛づくろいもろくにできていないよう
(もう常にそれどころではないご様子)

ふくはわたしになかなか抱っこさせてくれなかったり
触られるのも苦手といううさぎなので
あまり近くに寄ってくることは少ないのだが

一定の距離を置いて毛づくろいをしたり
ねそべったりとふくなりに
わたしとの時間があったのだ。(たぶん・・・)
けど・・・・

今はくつろぐことはもうなく
ガードしているほんの隙をみつけケージを噛み
無謀な脱走を試みる為
ケージをいったりきたりするのみ

そしてここ二日ほど
わたしに異常によってくるようになった
が、すぐ逃げる
そして逃げた後のあたしの腹の上には
大と小の置き土産・・・
そんな念入りに臭いつけしなくったって・・・


触られるのを警戒するのなら
いつもどおりに一定の距離をおけばよいものの
それができず
近寄りたいけど近寄れないみたいな
行ったり来たりの気持ちが見えて
なんだか切ない

もひとつ切なかったのが
昨日抱っこしようとするとすんなりとわたしの腕の中の人と
なったこと
暴れずにじっとしている
ありえない・・・

素直によろこべず複雑な心境
けどこれ幸いとぎゅぎゅっと抱っこして
ついでにふくの耳を鼻に押し付けてみたり
飼い主の暴走ぶりにも嫌がらずじーっとされるがまま
あぁ、ありえない・・・・・

わたしの勝手な思いでお迎えしたなつの存在が
ふく追い詰めてるのやもと
わたしが思いつめそう

でもどんなことにもなにかしらうまくいく道が
あるはずで
当面はその道さがしにいそしむべし

まずふくをムチュウにさせている関心ごとが
何なのか?

@なつの存在(におい含め)
Aなつの世話をするわたしが気に食わない
B発情期の為いらいら
Cケージ以外のテリトリーの拡大をもくろむため
Dなにか体の異常の為

どれに彼が頭がいっぱいなのか不明
たぶんいろいろ交じり合ってるんだろうが・・・

ふくにとっては大きなお世話で
まことに自分勝手なのは重々承知
でも
できるだけいままでどおりに穏やかに暮らしてもらいたく
いろいろできるだけ試してみよう
ニックネーム みなみ at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

抱っこプロジェクトに挑む

ぽんきち様のプログ「関根との日々」の中で
だっこの練習をされているのを見て
あきらめていたふくの抱っこ練習にいそしむ日々

普通の抱っこはさておき
仰向けの抱っこしているときのふくの顔が・・・。

ひさん・・・。

悲惨を通りこして
悲劇

悲劇を通り越して
喜劇

笑っちゃいかん
本人はマジだ
(てか本ウサ?)

しかし心臓が飛び出すかと思うくらいの音がするのが分かる
怖いんだ

「すーすー」と荒い鼻息が聞こえてくる
息もたえだえ

でもこういう状況でも
乾燥リンゴを差し出すと食べる
誰に似たのでしょうか

仰向けはほんの2秒ほどのことだけど
ふくもあたしもぐったりだ

でも抱っこのまま爪も後ろ左(のみ)は切れたし
本日は上出来なり。

ニックネーム みなみ at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

不安定で安定

ふくの行動が落ち着かない
なつへの興味がその慎重さを麻痺させている原因の一つのような気がする

どうしてもなつのケージの前に行きたいらしく
ペレットをあげる為にケージの扉を開けると
まるでなつのごとく「ぐぁし」と
とび出てくるようになってしまった

そして一直線になつのケージに

ふくはなつのケージの隙間から
ネザーにあるまじき長い鼻をあらんかぎり押し込み
なつの頭を抑えようと必死

当然ケージ越しなので押さえ込むことは不可能なのだが
なつは床に伏せ上体で
しっかり押さえ込まれ風。。。。

ふくはなつに夢中で
背後からあたしが迫っている気配にも気づかない
いつもなら抱っこしようと思って近づくと
敏感に察知して逃げ回るのというに・・・・・・

なつですか・・。
そんなに「なつ」がいいですか?
あたしより「なつ」ですか?

と、ともかく
なつのケージの前でしっぽを上げ
大をぽろぽろこぼすふくのこの興奮状態を沈めるため
抱っこしてケージに戻す

そうしたらケージの中で暴れるのなんのって
ケージが横揺れ縦ゆれ
崩壊寸前
ケージのカバーをかけても効果はなし

こんなん初めてだ
なすすべなくみ守るのみ


●きみが不安定だとあたしも不安でも大丈夫

061025_0812~01.JPG

ニックネーム みなみ at 13:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ふく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

魚焼き網

とうとうなつのケージに前面に焼き魚用の網を設置
なつのかわいらしいお姿が見えにくいのです

しかしこれもしょうがない
なつの歯の為

朝、ペレットをあげるときに待ちきれずに
テンションが一気にマックス
一見はげしく鼻をケージに押し付けているように見えるが
よくみると実は噛んでる
(音がしないから分かりにくい)

歯をチェックするとすこしかみ合わせがずれてる
これってよろしくなくないです

もうでも食べ物しか目にはいってないので
こういうときに何をいってもダメなん
興奮したら噛む癖がつかないように
ケージより細かい網を設置することにした

ふくの場合に活躍した魚焼き用の網でカバー

歯の為でもあるが
鼻がこれ以上つぶれない為でもある

(でもはなぺちゃもかわいい)

しかし食べ物以上になつを興奮させ夢中にさせるものが
この世の中にあるのだろうか・・・・・。

・・・ないと思う。

●君にムチュウ・・・。

061105_1253~01.JPG
ニックネーム みなみ at 09:29| Comment(4) | TrackBack(0) | なつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

第2回プレXデー

先日1分あまりの逢瀬を経てもなお
どうにかいつもと変わりない生活を送る「ふく」と「なつ」
飼い主という悪魔にあやつられ
本日2回目の逢瀬
嵐の予感?

なつのケージにふくを連れて行き
まずはケージ越しにご対面

臭いの嗅ぎ合いで特に変化なく両者いたって冷静
よっしゃと思い
そろそろとケージオープン
オープンと同時に
ぐわっとなつのケージに入り込むふく
そのままなつの頭を押さえ込み
リングに沈め
それから・・・・
・・・・(実況不可能)

「なつ」も「なつ」なりに抵抗しようとしてたのだが
あまりの早業に手も足も出ず

しかし
ここはふんばって
どうにかトイレへ非難

ひと段落したところで
ふくをケージから出し
2回目の逢瀬も無事終了
(無事というのだろうかこれが?)

ともかく興奮さめやらぬふくをサークルに放し
わたしの周りをくるくるとひたすら旋回するのを見つつ
思ったのは

「なつ」の性別って本当にメンズだよな
と言うこと

ふくは初め「女の子」としてみなみ亭に来たのだが
ある日、まぎれもない「男の子」におなりになっていた

ということは
なつにだって逆のことが起こりうる訳で・・・。

もーし
もーし
そうだとしたら
「メンズ」だと言われていたなつが「レディース」だったら・・・・

えらいこっちゃ
だし

気をつけないと
だし

一緒に遊ばせねぇ
だし・・・・・・。

もう少し待ったほうがいいのかもなぁ。

●ぐわっと興奮

061108_0830~03.JPG
ニックネーム みなみ at 10:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ふくとなつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

噛む

ケージを開けると
「ぐぁし」と飛び出してくるのがなつ
長い間外の臭いを嗅いでから外に出るのがふく

毎朝トイレットをお掃除しようとしてケージを開けると
ツーウサともいつもと同じく上記の通りお外へお出まし。

みなみ亭はケージ以外まだツーウサに開放していない(つもり)
なぜなら壁やら柱やらコードをうまくカバーできないのだ

散らかっていて・・・・(そんな理由)

そんな飼い主にあたってしまったご不幸
お悔やみ申し上げます。

だって本が大好きで洋服も大好きなのよ
もうどこにも収納先がないジプシー状態の服やら本やらがどっさり
こっちがじゃまだとあっちに移動
あっちがじゃまだとこっちに移動
と往復移動するのみ

片付かない・・・

まぁ、あたしの片付けられない症候群の自慢はさておき

そんなこんなでうさぎにとって安全地帯はケージとサークルのみなのですよ
でも、男というものはあえて危険を冒す生き物
安全地帯のサークルやケージからジャングル状態の危険地帯にあえて挑む

そして
本当の危険を冒す手前で助けるのが「育ての親」たるみなみの役目

ということで
どっちもあたしが捕まえて安全地帯に戻すのだけれど
どっちも激しく逃げる

そんで捕まえるとどっちも腕を噛む
前にふくに噛まれてショックを受けていたみなみだが
今日なつに噛まれて
本当にうさぎに噛まれるということがどういうことが分かった

ふくの噛み方なんてなつに比べたら軽くつねった程度
うさぎが本気で噛むとむちゃくちゃ痛い
しかも何度も念入りに噛まなくってもー
精神的ショック受ける以前に体がショック状態

ショック状態を解いてくれたのは
みなみの駆け込み寺「うさぎのしっぽ」さんQ&A
「噛み癖がなおりません」の質問が頭によぎった為


噛み癖をつけないため、きっちりと目を見て噛むことはいけないことと
認識させなければいけない
噛めば抱っこから逃れられると覚えるとまた噛む可能せいが大と
(たぶんそのようなことが書いてあったハズ)

えらいこっちゃ
また噛まれるなんていやですよ

しかし普段のどてどてした動きからは想像もつかないほど身軽

するりと腕から逃れるワザはなかなかのもんですよ
噛んでみなみを固まらせてからだけど

と、言うことは・・・
勝手に結論

ふくは噛んでみなみを固まらせなくっても
するりと腕から逃れられる

なつは噛んでみなみを固まらせないと
するりと腕からは逃れられない

これ、なつが噛む理由

納得
(ちゃんとしつけましょう)

●「しつけ」って何味?

061018_0825~02.JPG



ニックネーム みなみ at 10:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ふくとなつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

名前を呼ぶ

なつがサークルで遊ぶときの敷物を
イヌ猫仕様の洗えるしつけ用敷物からペットシーツに変更

犬のしつけ用の敷物は何度も洗えて経済的なのだが
洗わないといけない
当たり前だけど

部分的にその場で取替えられる方がいいかな
なんて・・・・

はっきりいって毎日毎日洗うのが面倒なんですな

と思ってペットシーツに変えてみたのはいいが
ペットシーツをサークル一杯に敷き詰めるのも
これまた同じくらい面倒だと気づいた

毎夜毎夜一枚また一枚敷いて
毎夜毎夜一枚また一枚片せる

なんか非効率というか
切ない

切ないついでに何枚か数えてみたら
26枚あった

いいんだけど

そして前々から考えていた
「なつに名前を覚えてもらおう月間」をついに開始

この一ヶ月間のプランの本当の目的は
「なつ」と呼んだら駆け寄ってきてみなみの膝に飛び乗るようになる
という壮大なもの

ありとあらゆるものに興味深々のなつのこっち向いてもらうためには
やはり「乾燥くだもの」おやつの力をお借りする

ひたすら「なつ」の名前を連呼しつつ
乾燥リンゴを見せてみる

すごい勢いでこっちに向かってやってきた
勢いあまってみなみの膝に乗ってしまうなつ

すごいなぁ
すごい食い意地だなぁ

一発できた
偶然といえ一発で乗ってくれました・・・。

もしや
と思っていたけれど
なつの食い意地がここまですごいとは

なつはあたしに捕まえられる怖さより乾燥リンゴの食べたさの方が
激しく上回ったらしい




思えば
ふくがここまでくるには5ヶ月という
長い道のりがあった

今では名前を呼ぶと一応しぶしぶ来てくれるけれども
はじめなんて完無視もいいところ

みなみのそばにいくくらいなら
乾燥リンゴなんて食べなくっていい

といいたげな無視っぷり
それゆえ4ヶ月後に初めて膝の上に乗ってくれた時のうれしさったら・・・

感無量


そしてなんと乾燥リンゴ無しで
名前を呼ぶだけで来てくれた時なんて

涙ちょちょ切れ


今でもさすがに膝に乗ってくれるのは一瞬だけだけど
でももう十分達成感あり


なつは(偶然とはいえ)一度で膝に乗ってくれたのはいいのだが
食べた後も膝の上で乾燥リンゴをさらに探すという執着ぷりを披露
その後また勢いあまって膝から滑り落ちていた


あたしはどうにかこうにか(偶然だけど)うまくいったことに味をしめ
近場からだと面白くないので
なつがケージの隅に行ったときに(みなみから離れたときに)
呼ぶこと数回

呼ぶたびに乾燥リンゴにつられすごい突進を繰り返すなつ
うれしいけれど、ちょっと怖い

気をよくして繰り返していると
そのうち
わざわざケージの端にいってスタンバッテいるようになってしまった

いつでもダッシュできる体制で
お声が掛かるのをじっとまつ
運動会の100メートル走のスタート地点みたいな熱気を感じるのは気のせいか

いつまでもあたしが名前を呼ばずにいると
勝手に(あたかもあたしが呼んだかのように)
ダッシュして膝に乗ってくるようになってしまった
これはいったい成功なのかなんなのか・・・・・・。

でも名前を呼ばれるのを今か今かと待つ顔が
泣きたいくらいけなげ


●食べすぎました。。

061102_0005~01.JPG


ニックネーム みなみ at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | なつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

プレXデー

xデーに先駆けて
プレXデー

というか
ふくが脱走したついでに両者を引き合わせてみました

ふくが激しくなつのケージにあごをこすりつけてにおいつけ
ケージ越しでは両者鼻を突き合わせてお互い物怖じせず

そーっとケージを開けてみたところ
ふくがなつのケージに入り込んでになつの後ろに周りこみ状態

なつも後ろを取られるのはいやらしく
ひたすら2羽で狭いケージをくるくる

結局なつがおトイレに逃げ込む形のなったので
ふくをケージから抱っこして連れ出してみました

時間にしてほんの一分くらい?

こういう短い逢瀬を少しづつ繰り返して慣らしていって良いものかいな

なつのサークルでのおトイレが一箇所に定まって落ち着いてから
広いサークルで会わすほうが良いのかなぁ

と思いつつ
遠目でなつのお尻をぼーっと眺めていたら
それが顔であることが判明
前と後ろが一緒。。。。。。。

なんつーりっぱなお顔。

●もしや顔?

061029_0754~02.JPG

ニックネーム みなみ at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ふくとなつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする